[必読]チョコレートを食べるべき!でも、気をつける事もある。

wisdom life

 

どうも。がくひさです。

 

ビジネスに関係ないじゃんと思われるかも知れませんが、

大アリです。

チョコは上手く付き合うと、全ての面で最強の効力を発揮します。

 

今回はチョコ好きな僕が、ガチでチョコについて調べたので是非参考にしてください。

 

結構長くなるかもしれないですが、がっつり糧にして、MAXに活かして欲しいと思います。

 

 

1.チョコを食べるメリット

 

これ僕最初知ったとき「チョコそんなに凄い食べ物だったんだ!」と思いました。

 

効力は端的にわかりやすく説明していきたいと思います。

記憶力の向上

 

情報が鍵となるネットビジネスでは、だいぶありがたい効果です。

 

脳は記憶力を支えるために「BDNF」という栄養素が必要不可欠なのです。

 

チョコはその栄養素「BDNF」を大量に含んでいます。

この栄養素はリンゴにも含まれているんですが、倍以上チョコは含んでいます。

 

しかも認知症になるリスクも減らしてくれます。

実は年齢65歳以上から「BDNF」が減少していくんですよね。

まだ若い人とかもチョコを食べておくと良いと思います。

 

脳の効率を引き上げる

 

わかりやすいよう単語の説明を付け足します。

 

 

視覚空間記憶

とは、端的にいうと周囲の把握です。

見当識「自分がどこにいるかなどの、周囲の把握」アルツハイマー病に見られるもので、その予防にもなると思います。

 

視覚的空間の構成

物の位置や向きなどに用いられる機能です。

マップを読む時とかに役立つようです。

 

作業記憶(ワーキングメモリー)

頭の回転の早さに関係しており、読み書き、暗算、会話の言葉の選択などで使用されます。

脳には、短期記憶、長期記憶というものがあります。

ですが、作業記憶はそのどちらでもなく、目的を持って作業している時の記憶機能のようです。

 

スキャニング

読解のスピードなどのことです。

 

トラッキング

マーケティングでも聞く言葉ですが、分析する能力のことです。

 

・精神状態の安定

 

これらの向上も望めます。

他にも、ブドウ糖、カカオの香り成分が脳をリラックスさせる効果もあるのだとか。

チョコは脳にかなり良いんです。

 

チョコを頻繁に食べている人ほど、

脳を使うテストで優秀な結果を残したというデータもあるそうです。

 

健康にも良い

 

脳に良い以外にも健康にも凄い良いんです。

・便通の改善

・動脈硬化の改善

・血圧低下の改善

・実は美容にも良い

・ハウスダスト、花粉などのアレルギーに効く

 

これらの効果が見込めたり、

他にもガンの予防になったり、

心理的ストレスを下げる効果もあるようです。

 

かなり良いですよね。

僕は、かなりの鼻炎なのでこの効果はかなりありがたいですね。

 

 

2.チョコのデメリット

 

もちろんデメリットもあります。

メリットが存在すれば当たり前にデメリットは存在します。

 

上のメリットばかり見て、

バカぐいして欲しくはないのでデメリットを話していきます。

 

 

原材料名に気をつけろ!

 

本当にここまでは読んで欲しいと思います。

僕は今までそんなの気にしないで、チョコを食べていて

知ったとき愕然としました。

これらのチョコはもう一生食わないでしょう。

 

植物油脂(トランス脂肪酸)

一番気をつけるべき材料です。

 

これはよく他のお菓子にも使われていて

健康に気をつけるならマジで避けた方がいいなと思いました。

 

他にもマーガリン、ハンバーガー、クッキー、ピザ

など

これらにも入ってる場合があるようです。

全てではないので、しっかり確認して食べれば良いかなと思います。

 

実際プラスチックを食べているのと変わらないようで、

アメリカでは使用が禁止されている地域があるほどなそうです。

 

おっかないですね。

日本は安全っていうけど、僕達が知らないだけなのかもしれませんね。

知らないって怖いです。

 

 

白砂糖

次に白砂糖です。

白砂糖に関わらず、普通に砂糖は体に悪いんですけど

食い過ぎなければ大丈夫です。

 

これは、血糖値を急激に上げ下げするので、

脳の働きが安定しなくなるなどが挙げられます。

 

他にも、白砂糖が含まれるお菓子をよく食べる子供は頭が悪くなり、

切れやすくなるのであまり取るべきではないです。

 

 

チョコは消化があまり良くなく、胃が悪い時は避けた方が良い。

 

このまんまなんですが、チョコは消化が良くないようです。

 

まずチョコは賢く食べて欲しいので、

1日に大量に摂取するとはしないで欲しいので、

胃が悪くない限り大丈夫だと思います。

 

食べ過ぎると良くない

何回も言いますが、食べ過ぎは良くないです。

 

健康に良いチョコですが、逆に体調不良を起こしたり、

肌荒れの原因になる可能性があるようです。

 

じゃあ一体どのくらいのチョコを食べればいいのか。

この疑問が浮かぶと思います。

僕も真っ先にこう思いました。

ズバリ

1日に50g(板チョコ半分ぐらい)が良いです。

 

あとカロリーが高いことから、午前に摂取する方が良いようです。

 

3.どんなチョコを食べれば良いのか

 

デメリットに入らないチョコを食べれば良いんですが、

さらに良いチョコの条件を載せていきます。

 

高カカオのチョコが良い

 

普通のチョコは原材料のとこに表示がなく、だいたい33〜41%ぐらいだそうです。

高カカオの方は70〜90%とかなり高目です。

その分脂質が少し高くなるので、食べ過ぎは本当に注意ですね。

 

 

低GIチョコ

マジでわけわかない単語ですが、

簡単にいうと、糖質の吸収度が遅いということです。

ブドウ糖の分解が緩やかで、血糖値の上昇も緩やかだそうです。

 

今結構低GI食品っていうのが話題なようですね。

”肥満や、メタボリックシンドロームの予防、改善の観点から注目されている”だそうです。

 

低GIのチョコを選べば、デメリット面の項目をクリアできるものも出てきますね。

 

オススメチョコ

 

最後に僕がオススメするチョコを載せていきます。

 

原材料名もしっかり調べたので安心して良いと思います。

 

1.明治ミルクチョコレート

コスパ最高の明治ミルクチョコレートは、余計な材料も特に使っておらず、何より手を出しやすいので

、僕も毎日のように食べています。

 

2.ROYCE(ロイズ)の板チョコレート

明治のミルクチョコレートよりは、値段は高くなるのですが、125gと内容量が明治ミルクチョコレートの2倍以上ですし、なんと言ってもチョコの有名メーカーです。一度は食べておきたいですね。

 

3.明治ザ・ミルクチョコレート

また明治ですが、これもコンビニで売っていて買いやすいです。

普通の明治ミルクチョコレートより値段は高くなりますが、色んな味があり、高カカオの70%のチョコもあり納得の値段です。

 

ちなみに、僕はこの高カカオ70%のチョコを食べたんですが、苦すぎて2切れしか食べられなかったし、具合が悪くなりました。笑

笑をつけてますがマジです。めちゃくちゃ苦いです。

 

4.ヴィヴァーニ ダークチョコレート75%

 

これは全ての原料が「有機」で完全に本物のオーガニックチョコレートです。

オーガニック好きには最高です。

 

まだまだありますが、以上が僕のオススメです。

結構手も出しやすいチョコなので、是非脳活&健康、体調維持のため食べてくださいね!

 

それでは、チョコ食べてきます。